トップ / 矯正装置の役割について

矯正装置の役割について

矯正の後戻り現象

矯正と保定装置の必要性とは

矯正の治療は、ある程度進むと、装置を取り外します。しかし、取り外したままだと、後戻りという歯が元の位置にもどってしまう現象が起こります。保定装置を装着して、、定期的に保定装置と歯並びのチェックを受けることになります。矯正をしたときに、同じ状態を保ち続けるための力が働いて、治療をして新しく作り脱された歯並びを以前の位置に戻そうとする力が働くために、装置を取り外したあともそういった治療が必要となります。保定装置を取り外すことができれば、完全に治療が終了したことになります。

エステ,女性

歯科での歯列矯正について

歯並びがきれいであることは、印象を良くするだけでなく、歯の健康や体の健康にも役立ちます。こうした理由から、歯科で行う歯列矯正は注目を集めています。そこで、一般的な歯科で行われる治療正について紹介します。最も多く実施されている方法とは、歯の表面に金属の器具を装着し、歯並びを改善させる方法です。矯正治療期間は、およそ1年から2年程度が一般的とされています。勿論個人差があるため、事前に医師と相談することが重要です。

↑PAGE TOP

© Copyright エステの痩身コースの効果. All rights reserved.